隈部小児科 おしらせ

10月31日

あっという間に10月が終わりました。 今年もあと2ヵ月です。 最近おたふくかぜにかかった成人を2例も診察しましたが 本日午後のワクチン接種の時間帯にも、複数、おたふくかぜのお子さんと接触していると報告を受けました。 私は、1回目は1歳すぎて、2回目は年長さんになって麻疹風疹ワクチンを接種する時に おたふくかぜワクチンを接種しましょうとお勧めしています。 少し前の話になります。おたふくかぜにかかっているお友達のお宅へ わざわざ感染するために訪問して、残念ながら難聴になってしまったお子さんを思い出しました。 難聴になるなんて、まさか、と思われるかもしれませんが、もし、ご自身のお子さんが突然にそうなってしまったら その後のことを想像できますか。 予防接種で防ぐことができる病気がなぜ我が国で無料にならないのか、 行政への働きかけは医師会全体として要望しているのですが、実現までには時間のかかりそうです。 自費のワクチンですが、美容院でカット、カラーをするほうが、あるいはパーマをかけるよりは金額はかからないと思います。 ぜひご検討ください。 明日、11月1日午前9時から午後2時まで、私は小児救急センターに勤務しております。 皆さん、よい週末をお過ごしください。

10月15日

昨晩から鼻が詰まったり、鼻が出たりしているお子さんが増えているようです。 稲刈りが盛んに行われていますので、イネ科のアレルギーのある方は大変です。 もちろんスギやひのきと違って遠くまで飛散をしませんが、辛いのは同じですね。 私も点鼻を使っていますが、効果があります。 自分にあった対処法を持つことが重要なことかもしれません。 さて、朝夕急に冷え込んできています。 空気は乾燥しています。 皮膚の乾燥からくる痒みは赤ちゃんばかりではなく、大人も同じです。 保湿が大切ですし、お風呂ではゴシゴシ皮膚をこすらず泡で洗うことをお勧めします。

10月11日

今日は甲府市医師会の在宅当番医の仕事で、朝8時から夕方7時まで 診療しました。 労働基準法なんて私たちの仕事にはないもので、それが当然だと思っておりましたから この拘束時間についてすんなり受け入れてきましたが 最近は医療の世界も様変わりしてきたようです。 私が研修医のころは、盆暮れ元旦も朝7時前から病棟回診する助教授より早く出勤し 深夜の看護師さんの申し送りの始まったころに病棟でカルテをまとめ上げる、そんな生活でした。 それがいいとか悪いとか、そんなことではなく、医学を選んだ者として奉仕と犠牲の精神なくして 人の命に関わってはいけないということを若いころ学びました。 少なくても私の医師としての生活は、TVドラマのような格好のよいものではなく 波乱万丈、予定のキャンセルは当たり前、家族の犠牲の上に成り立っています。 息子には、「僕は家族を大事にする職業につきたい」などど国語の授業の作文にも書かれる、失格印のついた母親をしています。 でも私はこの仕事が大好きです。仕事も家庭も精一杯真剣に向かい合っています。 それはわが子も認めてはくれているようです。 たいしたことはしておりませんが、小さいころは病気ばかりして弱かったのに、いつの間にか立派に成長した、 その姿を見る時が私の最高の喜びであり、それがあるから続けることが出来ます。 毎年インフルエンザワクチン接種が始まると、こんな気持ちにさせてくれる多くの若者が私を勇気つけに来院してくれます。 みんな、きらきらした目をして、大きな夢を持って、それぞれの道を自分の意思で歩み始めていて、嬉しくなります。 ありがとう。いつまでも応援しています。

10月8日

朝夕、めっきり涼しくなりました。 一日の気温差が大きくて、体調を崩している大人の方が多いようです。 今週末運動会の予定で頑張っている子供たちも 早寝、早起き、朝ごはんはしっかり食べて、晴れの舞台に備えてください。 さて、最近結婚式ブームです。私のところの職員もそうですが もう3件も招待状が届きました。 やはり「福山効果」でしょうか。目標出生率1.8と安部総理が唱えておりましたが 女性が子育てしながら働くには、多くの支えが必要です。 一人一人、女性の必要としているサービスは違いますし、それが当たり前ですし 目指すものや夢だって違います。 男だからこうすべき、女だからこうあるべき、そんなこと言ってたら何も変わらない。 自分に覚悟が出来ていたら、自分の心に従い、それに向かって突き進むのみだって思います。 人の評価を気にしていたらあっという間に年を重ねてしまい、何も出来なくなって後悔が残ります。 がんばれ、若い女性方。

10月5日

大村 智 先生がノーベル賞を受賞することになりました。 韮崎高校ご出身で、東京理科大学から北里研究所でも研究を重ねられておりました。 一度御講演をお伺いする機会がありましたが、十分に理解できなかった記憶があります。 素晴らしい事ですし、県民として自慢できることです。 大村先生、ノーベル賞受賞おめでとうございます。 さて、明日は朝、気温が下がるそうです。 温かくしてお休みください。

10月3日

今日運動会だった学校のご父兄の方に、夜お会いしましたが 陽に焼けて真っ赤なお顔でした。 心地よい疲れをお子さん方のお話を聞きながら、ゆっくり癒してくださいね。 明日も暑いようですが、月曜日から急に冷え込んでいくようです。 明日のうちの毛布や厚手のふとんを干したり、掃除機をかけたりしましょう。 毛布には出来ればカバーをつけましょう。 ぬいぐるみもお気に入りのタオルも、定期的にお洗濯しましょう。 今年はクモが多いように感じますから、網戸の掃除もお忘れなく。 かまきりが巣を作ったりしていることもあります。気がつかず、家の中へふ化したことがありましたが それはもう大騒ぎでした。今年はカマキリも頻度高く遭遇しています。 人も自然の一部です。生きているものに気を配り、調和を持って生活したいものです。 皆さん、よい週末をお過ごしくださいね。

10月2日

私たちの地域では、今回の爆弾低気圧の大きな被害を受けませんでしたが、 いつ、何か起こるか分からないので、日頃から、私が気を付けている事を紹介します。 まず、雨といです。枯れ草や落ち葉で水はけがよくなかったりすると、大雨の時たいへんなことになります。 定期的に掃除しています。 水門近くにごみが捨てられていて、それが原因で増水したことがありましたから、水門の木の葉やごみは必ず片づけています。 外掃除の時に砂やごみを下水に流さず、ちり取りで取り除いています。 少しだけ、手間のかかる事で、面倒なことですが、地域のために協力したいと私は考えています。 お節介かもしれませんが、ダサくて泥臭いお掃除おばさん、続けます。 スマートに出来ないのは、診察も同じです。 言葉を使って説明できないこどもたちですから、私は洋服を着たままでは様子が分らないです。 ちょっとめくったくらいでは、皮膚の様子も上手くわかりません。 最近は複雑な衣類が多いので、どうしてよいやら、困ってしまう事もありますが お断りをして脱いでもらっています。 そのうち、着衣のままで、スキャンして何もかもわかってしまう時代がくるかもしれません。 でも、私は少し抵抗したい。「人」にしかわからない「もの」があるんだって。

お知らせ
アーカイブ
タグ

 

© 2015 隈部小児科医院

 

055-243-0510

Tel