隈部小児科 おしらせ

12月31日

皆さんにとって今年はどんな年でしたか? 子育て中のお子さんがおられると盆暮れ正月なんて 幼稚園や保育園のイベント程度にしか感じられないのかもしれません。 私もそうでした。 休みになると決まって具合を悪くしたり、たまっている家庭の仕事を片付けようとすると 急に子供の用事が入ったり、一年中休みなく学校や幼稚園がやっていないかしらなんて思った時期もありました。 けれでも、私が年齢を重ねることに、節目の行事には先人たちの大切な想いとメッセージが込められていると思うようになりました。 人間も自然の一員です。自然と調和を図り、生きているものの敬意を表し、共存して生活していくことの大切さと 何より今ここに生きていることの意義を、節目の行事は教えてくれているのだと感じるようになりました。 実家や嫁ぎ先に出かけていくのを遊びではなく、命の繋がりに感謝する気持ちを持っていくと 少し違った気持ちで新年を迎えられると思います。 三越伊勢丹の営業が1月3日からになりました。多くのところが年中無休でオープンしている中 大胆な経営転換です。しかし、「いつでも良いサービスが受けられる」そのことを支えている多くの家族がいて、 そこに多くの犠牲が隠れていたのだということを私たちは忘れていたのかもしれません。 昨日は小児救急センター勤務でした。 この勤務をしていつも感じる事は、24時間の小児救急体制を守りつづけること 日中同様に質の高い医療を夜間、休日も保つことに対して、陰に隠れて見えないですが、どれほど多くの関係者が 日々努力していることか。 医療の仕事は奉仕ですから、理解してほしいとか感謝してほしいとか、そんな

12月25日

今日は日中は穏やかな陽気でした。 明日から例年並みになるようですが 私は底冷えする寒さのほうが年の瀬を感じます。 さて、先日お子様の服装について呟きましたが、一昨日のNHKの情報番組で 子供服に規制がかけられることを知り、嬉しく思いました。 ただ、何もかもが、転ばぬ先の杖並みの対応でよいのかと疑問に思う事もあります。 「平均」の軸が大きく移動して、「常識」の枠が変化してきているので 慎重な検討が必要になってきているようです。 今日は、「おむつ」の話。 最近は3歳半検診に出かけて行っても、保育園や幼稚園検診に出かけて行っても 3歳過ぎてもおむつが外れない事に対して違和感を持たなくなってきていました。 保育園の先生方がトイレットトレーニングをしている姿も珍しくなり、園の「通常の出来ごと」のように思っていました。 ところが、 東南アジアから休暇を利用して来県した旧友が検診を見学していた際に おむつを付けていることに非常に驚いていたことで改めて考えさせられました。 確かに製品の研究開発は目を見張ります。排泄しても逆漏れしませんし 通気性もよいのでおむつかぶれも少ないし、直ぐに交換しなくてもよいからお子さんは 夜はぐっすり眠ってくれます。 布おむつが主流の子育て世代からは想像も絶する高品質です。 でも便利過ぎは考えたり、感じたりする力を育たなくするようにも思います。 時や流行に流されず、自分の考えをしっかり持って、どういう基準で何を選んで子供に生きる術を教えて行くかが大事なことなんだと思います。 クリスマスが過ぎると大みそかまでのカウントダウンが始まります。 家族が健康で、平和であること

12月20日

12月22日は冬至。 冬至はこれから寒くなりますよの区切りの日でもあります。 かぼちゃで栄養をつけて、ゆず風呂にはいって温まる、古くからの日本の伝統や言い伝えは理にかなっていることが多いと私は思います。 ところが、赤ちゃんや小さなお子様はゆずのお風呂で湿疹やじん麻疹の出ることがあります。 皮膚の弱い場合は控えた方が賢明だと思います。 さて、今日の問題提起は パーカーやフード付きの洋服のことを再検討してほしいということです。 公園から滑り台やジャングルジムが撤去されて久しいですが 私は、フードがそれら遊具に引っかかって命を落とした場面に2回も遭遇しました。 公園ばかりではありません。おうちのドアノブにフードがひっかかり心肺停止になった乳児にも遭遇しました。 最近メーカーさんも危険防止に着目してきているせいか、紐付きは少ないように思いますが 兄弟でふざけ合っているうちに、その紐が首にまとわりついて、あやうく窒息しそうになった場面にも出会ってしまいました。 昔どこにでも居た、御近所のおせっかい叔母さん方がいつの間にか口を閉ざしてしまったころからでしょうか、 子供を巻き込んだ刑事事件ばかりではなく、こうした生活上のちょっとした事さえも伝えられなくなっている社会環境を寂しく思います。 「うざい」とか「うるせーばばあ」なんて罵声が返ってきたら怖いですものね。 こういったことからも、生活一般のアドバイスから小児科医の役割になりましたから、ますます口うるさい叔母さんでいようと思います。 次の内容は一緒に考えてもらいたい事。 貧困についてです。 山梨にも子供達にその日の夕食を与えられない家族が案

12月10日

これから雨が降る予報ですが、お元気ですか。 ここのところノロウイルス胃腸炎が倍増しています。 多くの感染症に共通しての予防法のひとつに 「手洗い、うがい」の習慣と鼻かみ方法の習得があると思います。 癖で指しゃぶりや髪の毛を舐めたり触ったりすることも直していきたいですね。 規則的な生活と食生活と十分な睡眠も大切です。 残り少ない2015年を健康に過ごしたいものです。 今大流行しているRSウイルス感染症についてお知らせします。

お知らせ
アーカイブ
タグ

 

© 2015 隈部小児科医院

 

055-243-0510

Tel