隈部小児科 おしらせ

1月15日

本日15日、厚生労働省は全国的に今シーズンの流行が始まったと報告しました。 昨シーズンに比べると1カ月遅く、2006年から2007年以来の9年ぶりです。 どうやらピークは1月下旬から2月上旬の見込みだそうです。 山梨県も昨日14日に県内が流行期に入ったと発表しました。 一般に気温が下がると免疫力が落ちると言われていますので 食事にしょうが、にんにくを使ったり、足首や首回り、おなかや腰を冷やさないように工夫することをお勧めします。 空気が乾燥するとインフルエンザウイルスは活発になります。 室内の加湿は加湿器がなくても、定期的に濡れタオルを室内で振り回すと意外に保たれます。 今シーズンは暖冬で身体がこの急激な温度差に慣れておりませんから、流行入りが遅くてもインフルエンザが大流行することも十分に考えられます。 手洗い、うがい、外出時のマスク着用、不必要な人ごみへの外出は控えましょう。 早寝、早起き、しっかり朝ごはん、規則正しい生活を心がけて過ごして下さい。 今週末はセンター試験です。 高校入試の前期試験ももうすぐです。 受験生、がんばれ。必ず道が開けると信じています。

1月2日

新しい年が始まりました。 皆さまお健やかに新年を迎えられたことでしょう。 今年も目標はなんですか。 今年はどんなことに挑戦しますか。 大きな夢を持って、それに向かって努力する姿はとても素敵です。 いつも応援しています。 今年一年もがんばりましょう。 さて、今年はインフルエンザの流行がない年明けになりました。 今日の在宅当番も非常に余裕のある一日でした。 暖かい日々が続いているせいか、梅の花ばかりか庭のバラの花が一輪咲きました。 スキー場にいる友人からは、送ってくれなくていいのに、「スギの花粉も飛びそうだ」なんてコメントと共に スギの木の写真が届きました。 今年も飛散は早いように感じました。 予防薬の必要な方は受診してくださいね。 今年は元旦羽田空港を利用しましたが、それはそれは混雑していました。 予約をしておかないと国内線のターミナルは車が駐車出来ない状態でした。 昔と違って、乳児児でも飛行機を利用して移動することに違和感を持たなくなりましたが 離着陸の際に「耳が痛い」と叫んだりする声やシートベルト着用サインがあっても子供がせがむからと 歩き回る状況は、何とも形容しがたい気持ちになってしまいました。 首都高速や中央道を利用したのですが、シートベルトをしないで車に乗っている小さな子供たちの多い事にも 寂しい気持ちになりました。 せめて車の移動中はシートベルトを付けて命を守って下さい。 心からお願いしたいと思います。 今年一年もよろしくお願い致します。 隈部

お知らせ
アーカイブ
タグ

 

© 2015 隈部小児科医院

 

055-243-0510

Tel