隈部小児科 おしらせ

最近のお知らせ

3月11日(水) 東日本大震災の発生から9年。あっという間に過ぎました。 回顧の報道番組で語られた「綺麗になった道路と整備された街並みを聖火ランナーが走って復興されたと海外にアピールするだけではダメだと思う」その言葉が心に残っています。 新型コロナウイルスの影響で、マスクが手に入りにくくなり、TVで奪い合いのような光景が映し出される一方、仙台市では各々の医療機関の余剰のマスクを出し合い、不足しているところへ配給したという話を聞きました。これが大きな災害を経験した人々だからできる崇高な行動なのだと感動しました。 震災後、何度か足を運んでいました。それは自分のほうが元気をもらえて、当たりまえだったことを感謝出来るようになってきたからです。「明るくしてくれてありがとう。」「楽しませてもらえてありがとう」あんなに大変な思いをしたのに、「与えてくれてありがとう」と笑顔で言われると恥ずかしくなりました。とかく「○○してくれるのは当然だと思う」と思いがちなのに、「私を幸せにしてくれて、ありがとう。」と澄んだ目で微笑まれて言われたら 返す言葉が見つかりませんでした。 そのありがとうが聞きたくて、何度もでかけたくなったのです。まるで醜い自分を浄化をしに出掛けて行ったようでした。 東日本大震災で、私は言葉の力を知らされました。だから、人のこころを明るくする魔法の言葉を探すようにしなければと思いました。 わが子に対しても考えが変わりました。子どもには子どもの決めてきたストーリーがあって、心配するのではなく、認めてあげれば良いだけだと悟りました。たまたま自分が産み落としただけだから、信じて見守ることが

お知らせ
アーカイブ
タグ

 

© 2015 隈部小児科医院

 

055-243-0510

Tel