© 2015 隈部小児科医院

 

055-243-0510

Tel

3月29日

March 28, 2016

今日はインフルエンザワクチン接種について報告します。

 

2015~2016年に当医院でインフルエンザワクチン接種したのは

0歳から84歳までの446名(男150名、女196名)このうち年齢に関係なく2回接種者したのは297名 1回接種149名

今年度は接種料金が増額されたためか、当医院での接種率は例年の約60%に減少しました。

 

平成28年1月12日から3月26日までに当医院でインフルエンザの診断、治療をした数 597人(男332名、女265名)

救急センターで診断、治療を受けて当医院で治癒証明書を発行した数10名(男6名、女4名)

他施設で診断、治療を受けたことを報告された数4名(男3名、女1名)

以上から、今年度当医院のかかりつけ患者さんのインフルエンザり患総数 611名(男341名、女270名)でした。

 

611名のうち、インフルエンザワクチン未接種 305名 約50% 

                       1回接種 166名 約27% (当医院で44名 他施設で122名)

                       2回接種 140名 約22% (当医院で61名 他施設で79名)

 

当医院内では、1回接種でインフルエンザにり患したのは44名/149名  29%

2回接種でインフルエンザにり患したのは61名/297名  20%


有熱期間は、未接種者が平均2.8日

1回あるいは2回接種者での有熱期間には有意差はなく、平均1.8日

罹患3、4日して再び発熱する症例は、未接種者85名 約14% 接種者24名 約8% でした。


ワクチン接種をしていても2~30%はインフルエンザにり患してることがわかりますが、

これは毎年おなじ傾向にあります。

 

ワクチン接種をしても効果がないといわれる所以だと思います。

しかし、ワクチン接種によって有熱機関の短縮やその後の合併症の減少は明らかですので

私はインフルエンザワクチンは有効は予防手段の一つだと考えますし

ワクチンをこれからも推奨したいと思います。

同時にワクチン接種以外にも、感染症に対しての知識と身につけたり、流行場所へ出かける際のマスク着用や

うがい、手洗い、十分な睡眠と偏りのない食事も大事なことであると強調したいです。

それに家族の笑顔も予防の大事な要素であると付け加えておきたいと思います

Please reload

お知らせ

11月23日(土)

勤労感謝の日。

今回は私の個人的意見です。批判、反論等、受け付けます。

授乳クッションについてです。

私は赤ちゃんの体調を知るには、抱っこしてお互いの体温を確かめ合い、手で触れて肌で感情や瑞々しい命の力を感じ、目と目を合わせて笑顔でこころを通わせることこそ母の喜びだと思っています。

ちょっ...

最近のお知らせ

December 9, 2019

1/10
Please reload

アーカイブ
Please reload

タグ
Please reload