© 2015 隈部小児科医院

 

055-243-0510

Tel

2月21日

February 21, 2017

今週は寒くなったり、暖かくなったり、ジェットコースターのような温度変化の  
予想です。 
インフルエンザはようやく下火のようですが、体調管理には引き続き気を遣って  
ください。 
寒くても花粉は飛んでいます。 
ここ最近の春一番、春二番というにはあまりにも強い、台風のような風に運ばれ  
る多くの花粉と 
黒いカビのような結晶により、くしゃみ、鼻水、鼻つまりで悩み始めた方も多い  
ように思います。 
全身探知機の私も、例外ではありません。 
そんな私のおすすめは、L-92乳酸菌です。ご紹介した複数の方が症状の軽減を喜  
んでおられました。 
しかしあくまでもその効果には個体差があります。 
サプリメント産業は心くすぐる表現で、「これを飲めばどうこうだ」と消費者を  
うまいように引き寄せているような傾向にありますが 
ぜひご注意あれ。 
何事も、楽をして手に入るものはなく、日々の努力と意識なのだと、私が失敗し  
て得た結論です。 
化粧品も同じです。 
しみや皺なんて、わずかばかりにうわべを繕っても改善などしないと自分の経験  
から断言できます。 
私もアドバイスを受けて、はっとしたのです。 
それらを見つけたら、高額な化粧品に手を出す前に、鏡に向かって、自分の心に  
問いてみましょう。 
「今幸せなのか」「何が不足していると思っているのか」「何を目的に生活して  
いく覚悟か」 
「自分はこれから、この加齢変化とどう付き合うつもりか」などなど、深く深く  
自分の顔の中の「顔」を覗いてみませんか。 
きっと、目的を持って、お手入れできると思います。 
こうなりたいー小さな夢ですけど、大きな夢につながることでしょう。 
「夢」 
今の子供たちはたいへんです。 
自分の夢を見つけるように指導されています。将来何になりたいのか、何をした  
いのか。 
夢があればそれに向かって何事も前向きに取り組めるというのは事実です。 
情報化社会ですから、夢を追って生き抜いて成功したことは多くの人々が知りえ  
ます。 
夢が具体的にある場合は何の問題もないでしょう。 
私の関わるお子さんは小さいころから苦しい思いをしていることも影響してか、  
医療人を目指していることが多いです。 
県内で偏差値が一番高い高校には、ここ10年くらい、毎年最低3人は入学して  
います。 
その後も、しっかりとした意思を持ち、それぞれの道を進んで歩んでいます。白  
衣を着て現れる姿は親の気持ちになって思わず涙が出てしまいます。 
関わったものとしても嬉しいことです。 
何一つ無駄な痛みではなかったのだと確信できるときだからです。 
その逆で、 
夢などない、そんなお子さんもたくさんおられるでしょう。 
今まで何の苦労もなく、親元でぬくぬくと育っていて 
いきなり、将来を考えろ、なんて言われても、「えっと」となってしまうには当  
たり前だと思います。 
原稿用紙の前で、既存の職業を思い出して、どうしようかとひとしきり考えて、  
どれもぱっとしないなあ 
などど呟きつつ、当たり障りのないところに行き当たり、自分の可能性を小さく  
してしまっている。 
なんてもったいない。 
あなたの心は自由です。 
まだ情熱を傾ける「もの」にあっていないだけです。 
自分に枠を作らないで、時間を大切に、一秒も一分も、自分のやりたいことを責  
任をもってやってみればよいのだと思います。 
自分の心に正直に、自分の中に正義があれば、怖いけどつらいこともあるかもし  
れないけど、沢山失敗して 
沢山怒られて、沢山泣いて、そのうち、何か確かな「感覚」が自分の中に生まれ  
てくると思うから。 
決して「自由」をはき違えないでください。 
自分勝手になんでもしてよいということではないのです。 
時間は直ぐに過ぎてしまいます。 
自分を探しにいこう。なんて気軽にできることはないと私は思います。 
わかっているようで実は自分のことが一番わかりにくいように思うからです。 
漠然とした悩みを持たず、その若いエネルギーを毎日朝から夕方までに使い切っ  
てください。 
もう明日はないくらい空っぽになるくらい使い切ってください。 
夢がないことを恥じないで。 
夢がなくても、今を精一杯生き抜けばいいんだと私は思います。 
人のことを思い、人の呼吸に自分の呼吸を合わせ、いっぱい人と関わって、傷ついて 
心から泣いて笑って。 
私は陰ながらいつも応援しています。 
明日も朝日は昇るから。 


 

Please reload

お知らせ

11月23日(土)

勤労感謝の日。

今回は私の個人的意見です。批判、反論等、受け付けます。

授乳クッションについてです。

私は赤ちゃんの体調を知るには、抱っこしてお互いの体温を確かめ合い、手で触れて肌で感情や瑞々しい命の力を感じ、目と目を合わせて笑顔でこころを通わせることこそ母の喜びだと思っています。

ちょっ...

最近のお知らせ

December 9, 2019

1/10
Please reload

アーカイブ
Please reload

タグ
Please reload