3月15日

ご無沙汰しております。 無事に3月11日から13日までを過ごしてまいりました。 あれから6年。遠くにいても心は寄せられると感じたのは、この時からでした。 現地にいかなくても それぞれの場所にいて出来ることが沢山あることを教えてくれたのも、この時でした。 目には見えないけれど、相手を想い祈りをささげることのエネルギーが いかにものすごいパワーを持つのか、身をもって体験させてもらいました。 今こうして生きていることに感謝できるのも、あの大きな震災からでした。 今日も多くの方々に支えていただきありがとうございました。 さて、 数日前から冬に逆戻りしたかのような朝の冷え込みです。 そのせいか、私の外来も再びインフルエンザが増えてきています。 例年とおり時期的にロタウイルス胃腸炎も増加してきています。 私のところでは、溶連菌感染症は減少傾向にあるようです。 今週末から保育園、幼稚園、小学校の卒園式、卒業式の予定が多いと聞いております。 せっかくの節目の行事ですから、ぜひ体調を万全にして臨みたいものです。 うがい、手洗いは有効な予防法です。 話変わって 桜のつぼみがほころびはじめ、もうすぐ五弁花を開くときが来ると つくしやたんぽぽが春風に揺れて、モンシロチョウがひらひら舞って 想像しただけでも幸せな気分になります。 足元軽く、公園へお出かけしたくなります。 でも、ちょっと待って。 お子さんのお洋服、もう一度確認してください。 危険を呼び込む服装をしていませんか。 パーカーの帽子はあちこちにひっかかります。帽子がドアノブにひっかかり大変な事件になったこともありました。 スカートのすそのフリルも危険。髪の毛もできればしばっておいたほうがよいです。大型扇風機に髪を巻き込まれて怪我をした小学生がおりました。 マダニも生息しています。ハチもいます。もしこうなったらというhow-to本に目を通しておくのも得策です。 おかあさんも服装や持ち物には注意は必要です。母親のパーカーの紐が絡んで歯が抜けてしまった事故やカバンの紐が切れてそのまま子供の頭に 重い荷物が落ちて救急車で搬送されたこともあります。 公園、山、水辺  海 など それぞれの場所には適する遊びとそれ以上やってはいけない遊びがあるように思います。 自然の中に出かけるときは、自然の中へお邪魔する謙虚な気持ちが必要ではないかと私は感じています。 そうすると、いつもと違った受け入れをしてもらえるかもしれません。 家から一歩外へでたら、お子さんから目を離さないで、いつも周囲に目を光らせ、多くの危険から守ってあげてください。 春休みには小学校高学年、中学生、高校生は比較的自由な時間を持つようになります。 今のうちに家族で具体的な「家族のルール」のようなものを話し合って共有周知しておくのも よいことかもしれません。 子供が手元を離れることは、楽しみでもあり、寂しくもあります。 飛び立った後から、ああすればよかった、こうすればよかった、と思っても後の祭りです。 だから、今を大事に、沢山の愛情を注いて正面からお子さんと向かい合ってください。 親から離れるのはあっという間です。 子供がいなくなると、残るは、そうです、そのとおり。 お互いにパートナーは大事にしましょう。いろんな意味で「同志」ですから。 おっとイスラエル戦、どうなったのかしら。 がんばれ侍ジャパン。 がんばれ、ヴァンフォーレ甲府。(あれ?) では。また逢う日まで。ごきげんよう。

お知らせ
アーカイブ
タグ

 

© 2015 隈部小児科医院

 

055-243-0510

Tel