© 2015 隈部小児科医院

 

055-243-0510

Tel

最近のお知らせ

December 9, 2019

11月23日(土)

勤労感謝の日。

今回は私の個人的意見です。批判、反論等、受け付けます。

授乳クッションについてです。

私は赤ちゃんの体調を知るには、抱っこしてお互いの体温を確かめ合い、手で触れて肌で感情や瑞々しい命の力を感じ、目と目を合わせて笑顔でこころを通わせることこそ母の喜びだと思っています。

ちょっとした変化は、その積み重ねで感じることが出来ると信じている、昔の人間です。

ですから、最近よく見かける、授乳クッションに赤ちゃんを乗せて、お乳をふくませている、

あの独特な様子が不自然に映って仕方ないのです。

確かにお母さんは楽ですね。便利なものを考案したと思います。

定頸するまでとか、夏生まれで汗まみれになるのが防げるとか、さすがだと感心します。

しかし、首が座っている赤ちゃんに対しては、かえって邪魔になりませんか?

お母さんがスマホをしながらの授乳ではせっかくの時間がもったいなくなると私は口を開きたくなります。(開いています)

あかちゃんは直ぐに大人になってしまいます。我が息子は、初めから大きな子どもで幼稚園年長の時には、重くて高い高いが出来なくなりました。今180センチ以上、体重も80キロで、「お母さん、小さすぎて見えない」とか「うざい」とか。もっとベタベタしておきたかった、もっと傍にいてあげれば良かったと後悔しても元には戻りません。

私の分まで、赤ちゃんとたくさんの時間を過ごしてください。

いっぱい触って、匂って、笑って、泣いて、怒って、楽しく明るい時間を過ごしてください。

 

 

11月27日(水)

 

今晩は新月。

地域の話し合いがあって、帰りにファーストフード店へ立ち寄ることになりました。

ご存知のように、最近また食べられる食品が減り、自分はそのうち水と塩と砂糖だけで

生きていけるのじゃないかと思うくらいですから、ドリンク選びにも一苦労。

ところで、喘息やアレルギー疾患とファーストフードの関係について調査した結果、喘息の重症化リスクはファーストフードの摂取が週1回未満に比べて、週1~2回では1.09倍、週3回以上になると1.34倍に増加する報告があります。喘息リスクも週1~2回の摂取では1.07倍、週3回以上になると1.22倍に増加するそうです。(wangCS et.al.Respirology 2018:23(10):901-913)

妊娠中の母親のファーストフード摂取が子ども(生後3.5歳)の喘息や鼻炎に与える影響について1201組の母子を対象に実施した調査では、子どもが重症喘息になるリスクは母親がファーストを全く食べなかった場合に比べ、週1回の摂取では1.26倍、週3~4回では2.17倍、毎日では4,46倍にまで高くなっていました。

この結果をどう生活に生かすかは個人の考えによります。参考にしてください。

 

 

 

12月4日(水)

 

今晩は上弦の月。

私は冬の夜空が大好きです。冷たくピーンと張りつめた空間にクリスタルの音が聞こえてきそうな感じがします。宇宙のかなたから届く星たちの光から、何やら声が聞こえてきそうなそんな錯覚さえ覚えます。

今年もあっという間に12月になってしまいました。

そして季節型インフルエンザが、北風に運ばれて猛威を振るいそうな前兆もあります。

今年の集団発生は例年より早く、山日新聞は例年より1カ月ほど早く学級閉鎖を報じるようになりました。

今晩は山梨大学の井上修教授からインフルエンザの最新の話題の講演を聴講してきました。

手洗いは予防の一番であることを伝え続けようと思いました。

手洗いの具体的な方法は、様々な工夫をされて情報発信されています。

ぜひ検索して、ご自身やご家庭に最も合ったサイトを見つけて楽しみながら続けてくださいね。

冬は寒いし感染症は怖いし・・・確かにそれもそうですが、ピンと張りつめた空気を吸って

寒さに負けないで自分のやりたいことを精一杯楽しむこともできます。勇気を出して一歩踏み出してみませんか?きっと、実は自分ってこんなことも出来たんだなって、嬉しくなることがありますよ。明日はもっとよいことがあります。

 

12月7日(土)

大雪の日。久しぶりに昔の5人の仲間と食事会をしました。私が自分をさらけ出して感情のままに付き合っている、大事な大切な同志です。

沢山の時間が過ぎていたはずなのに、説明なんかいらないくらい分かり合える空間は、お互いに相手を認め合い、「そうだよね、わかるよ」と話しを聞いてあげられる関係が作り出したのだと思いました。お互いが安心の気持ちを出し合っていたからかもしれません。

「大里の魚幸よこもり」という洒落たお店の女子会(あれ?)は、鮮度の良い魚ももちろん上機嫌にしてくれましたが、商売っ気の感じられないマスターの、真面目で素朴な印象が更に雰囲気を演出してくれました。短い時間でしたが、幸せな温かい時の流れを過ごすことが出来ました。ありがとう、お蔭でまた希望を持って進めます。マスター、ごちそうさまでした。機会があったらまた伺います。

 

12月8日(日)

今日は私にとって特別な人の誕生日です。

 

 

莫大な数の失敗や事件は、今だから、その経験に感謝できます。愚痴や言い訳や悪口を言っていた「無明の世界」から脱出のきっかけをもらったのは貴方の存在でした。人として生きる姿勢や、共存し調和し争わない生き方、光り輝く笑顔と言葉の力に気づかせてもらいました。あなたのお蔭で今の私がいます。もちろん、本質はそう変わらないでしょうから、未熟者で未完成ですが、これが私です。人の顔色や意見を覗って、本当の自分を隠すようになっていたのを、「私はだれでもない私。人の機嫌なんか取らず、自分を縛るのを止めよう」と覚悟させてくれたのも貴方のお蔭です。ありがとうございました。貴方に出会えてよかったです。今は穏やかにお幸せとご家族の健康を心からお祈りできます。

そして、お誕生日、おめでとうございます。毎年、忘れたことはなかったです。

いつかどこかで会えたら、今度こそ明るく声を掛けます。「私は世界一幸せよ」と。

Please reload

お知らせ

7月8日

July 7, 2020

1/10
Please reload

アーカイブ
Please reload

タグ
Please reload